マッチョのOPPAIもんでみたい。
けいいちです。

もー最近異様に肩が凝って
ゆうべなんか肩こりに伴う頭痛で
なかなか寝付けなかったんですが
そんなこんなですごいレシピを開発しちゃったよ(唐突)

以前あひるさんのブログから拝借した
リンゴと柿の白ワインジャムを
さらに手抜きにアレンジした
リンゴのキャラメルソテーをふんだんに使った
その名も

キャラメルソテーしたリンゴとクリームチーズのタルト
よくばり愛され系気まぐれシェフのきらめきサタデナイ風


2行目はあってもなくてもいい。
リンゴのキャラメルソテーは
リンゴ1個に対してバター20g、砂糖大さじ3
バターと砂糖を鍋に入れてかき混ぜながら弱火で熱して
キャラメル色になったら皮を剥いて切ったリンゴを入れて
水気がなくなるまで煮詰めるだけ。
クリームに入れる用のリンゴは銀杏切りに
飾り用のリンゴは薄い櫛型に。

タルト台とカスタードのレシピは
前に書いたやつと同じです。

カスタードに銀杏切りの方のリンゴのキャラメルソテーと
クリームチーズを適当にちぎって入れて混ぜます。
量はお好みで。
けいいちは6個入りのフィラデルフィアのやつを
3つ入れました。

カスタードが冷えないうちに入れるとほどよく溶けてなじみます。
できたて熱々の所に入れれば完全に溶けるんだろうけど
今回はクリームチーズのつぶつぶ感を残したかったんで
リンゴのキャラメルソテーを入れて
あらかた熱が冷めたところにクリームチーズを入れました。

で、あとはタルト台にクリーム入れて上にリンゴを飾るだけ。

taruto03

こんなかんじです。
これ作ったとき友人もいたので
夕飯の後二人で食べたんですけど
メチャクチャ美味しかったです(*´ω`)
友人も「店に出せる」って言ってくれるほど大絶賛。
まあそれは大げさとしても
自信を持って人に振舞えるレベルではあったかと。

リンゴとカスタードが甘々なんだけど
クリームチーズが入ってるおかげで
味にメリハリがついてます。
そもそもクリームチーズのアイデアは
チャットで義姉江さんと話してた時に
義姉江さんがクリームチーズとリンゴのパイを食べたと
話してくれたのがきっかけなんで感謝してます。
感謝するだけなら無料だし。

ただまーいつまでも紙皿ってのはどうかと思うんで
いい加減ちゃんとしたタルト型を買いたいところではあります。