ボケてオフ2
「2次会でponちゃんからPerfumeのDVDもらって嬉しかった」って書き忘れてごめん
でお馴染み、小生です。

2次会が終わり、居酒屋はちまる(もう取鳥の名前で予約はできないと思う)から程近い
ジャンカラあべの店へ移動を開始する一同。


そしてわざわざ昨夜の前夜祭後の緑の足取りを説明する温度差(傘無し)


ゆずはもういいってw
雨降ってるし早く行こうぜ、というわけで移動再開。
そして


途中でタバコを買いにコンビニに寄るも、傘は意地でも買わない温度差


傘買えよwww
まあ近くだからいいっちゃいいのかも知らんが攻めて誰かの傘に入れてもらえよw
というわけで無事(?)ジャンカラへ到着。
生ビールつきのコースは高くなるけど
ビールを飲みたいとごねる人間(緑)がいないため、満場一致で安いコースを選択。

そして部屋に通されて早速消されるテレビとカラオケの機械。

前回より若干広い部屋+緑がいないので健やかな雰囲気です。
そして生ボケ大会いよいよ開始!
今回は大阪在住チームと大阪以外在住チームに分かれて
ボケるチームとそれを評価するチームで、たくさん票を集めた人にポイントが与えられ、
最終的に一番多くポイントを獲得した人がそのチームの代表になり
相手チームの代表とのボケ対決をして1位を決めるというシステムです。

【司会】
温度差

【大阪以外チーム】
・めたりっく伯爵
・pon
・学長
・ポリンキー
・マフラリ

【大阪チーム】
・夜霧のハウスマヌカン
・喪服前進
・小生
・ます13

ちょっと待って、これって…
大阪チーム、小生以外大御所JAN!!(;´Д`)
ツヨさんがいたら一人スベりしなくて済むのに!(ツヨさんは岐阜です)

そしていよいよ生ボケ大会開始!
最初は大阪チームからボケる番だったんですが
ボケてを全然やらなくなった上に久々の生ボケで緊張感が半端ないです。
しかも居酒屋でどっさんが地雷お題を量産してる様子を見てたので
お題を決めるくじ引きが怖くてしょうがない。

で、制限時間が3分って決まってて
時間が来たらどっさんが「終了ー」とか言うのかと思ってたんですが

いきなり吹かれるホイッスル。

うるせえよ温度差!
久々のボケで緊張してドキドキしてるってのに
心臓から口が飛び出るかと思ったじゃねーか(錯乱)

それでも何とか最初の5問をボケきって
ポイントもいくつかもらえました。
ちょっと小生、強豪3人相手に結構がんばってるんじゃね?(*・∀・)

そして大阪以外チームのボケる番になりました。
評価チームがお題決めのくじを引くんですが、
出てくるお題の難易度が大阪チームより高くて文句言われました(´・∀・`)
それでもみんな面白かったりうならせるようなボケを出してきます。

そんな感じで両チームボケていくんですがシンキングタイム中にどっさんが
「さあ、どんな面白いボケが出るんでしょうね〜(・∀・)」
みたいな事を言ってプレッシャーかけてくるので
だんだん大阪チームVS大阪以外チームというより
ボケる人VS温度差的な図式になっていってました。

特になぜか難易度の高いお題ばっかり出される大阪以外チームの荒み様はすごくて
後半になると大阪以外チームのところにある灰皿が
取調室みたいな事になってました。
(まあ大阪チームが小生と喪服さんしか吸わない上に、
小生はそんなに吸わないし喪服さんもタバコ切らしてただけなんだけど)

途中でハンケツ王子の電話参戦もあったりしつつボケ大会はまったりと進行し、
時間が押したせいでみんなの反逆企画「一人どっさ」は残念な事に実現されず
両チーム代表の頂上決戦に。
大阪チーム代表は夜霧さん、大阪以外チーム代表はマフラリさんに決定しました。

最後のお題はどっさんが選んで夜霧さんとマフラリさんがそれぞれボケたんだけど
両方とも甲乙つけがたい珠玉のボケで、かなり悩みました。
結果的にマフラリさん3票、夜霧さん4票という僅差で夜霧さんが初優勝しました。

優勝した夜霧さんには生ボケ大会に使った写真集や、
いろんな職人さんからどっさんが預かった豪華商品(小生のイヤゲモノも含む)が、
準優勝したマフラリさんにはお題作りに使ったりぼんとフライデー、
ボケ用に使ったスケッチブックやマジックなどの実用品(ゴミ)が
それぞれ進呈されました。

そしてちょうど閉店時間になったので
お店を出ると外はもう明るくて雨も上がってました。
その後帰るチームと4次会チームに分かれる事に。
ここでますさん、喪服さん、学長とはお別れ。

残りの7人で天王寺のマクドナルドへ移動しました。
そして地下の一角で4次会開始。
とはいえ眠気と疲れでまったりしゃべるだけでした…が

なぜか始まったにらめっこ対決から
かばんの中の不用品の譲り合いが始まり
小生が修正ペンを半ば無理やりマフラリさんに譲った事から
(ある意味)悲劇は始まりました。

小生が要らないから、と言って渡した修正ペンを
「あの時の修正ペンがあれば」って後悔するかもしれへんで
という話になり、いかにこの修正ペンが優れているか
単なるペンというだけではない多機能っぷりを粛々と語るマフラリ(暴走)

主な効能
キャップのくぼみで調味料が絶妙に計れる
うどんも打てる
口寂しいときに咥えると禁煙もできる
胸元に挿してると春らしい
暑いときはペン軸の青いラインを見るとなんか涼しい
MADE IN THAILAND→エキゾチック!
タイで言いがかりつけられたときもMADE IN THAILANDを見せれば万事解決
ダウジングにも使える(不法投棄のゴミ限定→分別に出してエコ→地球に優しい!素敵!)
キャップの内側を見ていると世界の仕組みが分かる
ペンの後ろにキャップをはめるとロシアの秘密警察が来る
同じくペンの後ろにキャップをはめると今まで笑った事がない外国の少女が笑う
でもキャップを外すと今まで以上に陰気になり舌打ちまでし始める

と、途中からなんか修正ペンが禍々しい感じになり始め、
最初に押し付けられたどっさんがほかの人から総拒否を食らったり
仕方がないから紙コップと修正ペンでマジック(子供だましにもならない)を始めてみたりと
修正ペン1本で2時間近く話が広がりまくりました。

最初きれいにオチをつけないと帰れない空気だったけど
いい加減疲れたので無理矢理解散になりましたw
解散したのは8時半くらいだったかな。
そこから桃谷に戻って自転車で30分かけて帰りました。
疲れたけどホントに楽しかったです。

以上、結局緑の面接合格祝いが何だったのか気になるけどそれ以上に緑が心配。
でお馴染み、小生でした!