今年の目標は
ダイエットと五百円玉貯金を頑張る
でお馴染み、小生です。

ダイエット→とりあえず朝は家〜駅まで、帰りは会社〜駅までを小走りですが走ってます。
たった数分なのに息切れすごいので
できれば続けてもっと走れるようになりたいです。
五百円玉貯金→貯金箱まだ買ってません♪
仕事落ち着いたら買います。

というわけで、今回は今年の正月の話です。

喪中だったので初詣はしないつもりで帰ったんですが
ママラド臭が、「あんた去年厄除けしてないじゃろ?
後厄じゃけど厄除け行ってきんさい」と言うので
まあ鳥居くぐらなければいいかと思い、
友人を誘って地元の神社へ向かいました。

まず社務所で申し込むんですが、
「厄除けお願いしたいんですが」と言うと
必要事項を記入する紙を渡されるので、書いて初穂料を支払うと
お札とお守りと盃を渡されます(盃にも名前と年齢を書きます)

で、そのあといい感じの建物の中でお祓いを受けるんですが
友人がモタモタしていたので社務所の横で待ってました。

友「お待たせー」

友人がやってきたので見てみると
盃を持ってない。
聞けば受付の時に「厄除けです」と言わなかったらしく
それ間違っとるんじゃないん?と指摘して聞きに行かせたところ
やはり何か別の儀式と間違っていたようで無事盃を貰ってきました。

黙っていたら何の儀式が始まっていたのかちょっと気になります。

そしていい感じの建物の中に入って待つこと数分、
友人、小生と他数名がまとめてお祓いを受けるという流れに。
この辺はもう黙って座ってるだけなので割愛です。

で、最後に名前を呼ばれたら前に出て、
巫女さんから玉串的なものを受け取り、
神棚的なところにお供えしてお参り(二礼二拍一礼のアレ)をする
と言う一連の流れなんですが
呼ばれるのは受付した順で、
知らない家族1、知らない家族2、知らない家族3、友人、小生の順でした。

お参りパートに入ると笛の生演奏が始まったのですが
これがちょっと下手で、あっ笑わせようとしてるな、と
勘のいい小生は早くも察しました(多分違う)

で、知らない家族1〜2はつつがなく終わったのですが
知らない家族3に90歳くらいのおばあちゃんがいて
おばあちゃん、二礼二拍して動かなくなりました。

最初はたくさんお願い事があるのかなとか
信心深いのかなとか思いながら見てたんですけど
1分経っても動く気配なし。
そのうち友人が呼ばれ、巫女さんから玉串を受け取り
知らない家族3の後ろで待たされるも
微動だにしないおばあちゃん。
動かざることおばあちゃんの如しです。

耐えかねた友人が巫女さんにヘルプを求めてアイコンタクトをしたところ
巫女さん、スッと目を逸らしたそうです。

もうこの辺になると下手な笛とおばあちゃんと待たされる友人のコンボで
笑いを堪えるのに必死でした。
そうこうしているうちに家族に促され、おばあちゃん無事退場。

そして友人と小生もお参りを済ませ、
もらった盃でお神酒をいただいて
最後に井戸の後ろにある石で盃を割ってお祓いは終了。
これで今年一年はきっといい年になるはずです!

以上、
1月最初の三連休の初日に風邪を引いて熱出してる
でお馴染み、小生でした!