8b4eb6d3.jpg
昨日帰宅したらPerfumeのアルバムが届いてました。
16日の入金&発送だったのでAmazonサイト上ではお届け日が18日になってて、ああ金曜までお預けかあ、ってちょっとがっかりしつつも飛脚はやってくれるはず、と根拠のない期待もしていたんですけど、信じていてよかったです。もちろん初回盤ですよ。

ドキドキしながらビニール開封。CDには今回もサインなし・・・。Amazonに出荷する分には入らないの?いや前にCDプレス工場でサインっていうニュース記事を読んだから関係ないはず(単純に運なしなだけですね)
のっちがどこぞで言ってたらしい「CDで聴いてほしい」という仰せの通りラーメンを食いながらPCでCD再生with iTunes取込。
早速iPodに取り込んで今朝通勤中に聴いてみましたけど別にCDで聴いたときとあまり違いを感じられませんでした(違いが分からない男といえばけいいち)
まあ前作はインディーズ曲、メジャーシングルのカップリングの一部は生声だったので、収録曲の半分は生声だったし、インディーズ時代はレトロなテクノポップだったのでよく言えばバラエティ豊かなんですが統一感はさほどなかったのですが(広義でテクノで統一はされてましたが)
今作はボーカルのエフェクト処理が全編にわたってかけられててサウンド的にもまさにゴリゴリのテクノという表現がぴったりでアルバムを通して統一されたサウンドでした。唯一ラストの曲だけ少し風味が違うアレンジですが(でもボーカルはエフェクトかかってます)
前作と比較して全体的な印象は大人に一歩近づいたなーという印象でした(といってもまだ未成年ですけど)あと恋愛の歌増えたな。ystkさんPerfumeの成長に合わせて曲作ってるって感じでGJ!
前作はインディーズ時代の曲も含んでて中学〜高校時代の曲だからやっぱりかわいいって感じなんですよ。それと比べると歌詞も大人っぽくなったし、曲調もアーティスティックでアイドルからアーティストへと変わり始めているような感じです。
めでたくオリコンデイリーチャート1位を獲得したようであ〜ちゃん号泣かな。DVDのSHIBUYA-AXでのポリリズムのライブ映像ではしょっぱなから半泣き顔で歌ってたけどこっちまで泣きそうになりました(←気持ちが悪いですね)(←うっさい!)
今立派なアーティストになった安室ちゃんがかつてアイドルだったように、彼女らにも息の長い活動を続けてほしいなと思います。って今までのキャリアも十分長いんですけどね(^^;)