61b845e0.jpg
ystkの完璧な計算により通勤時間とびったんこのPerfume 2nd Album "GAME"を届いてから毎日聴いております。なんと先週水曜日の発売にもかかわらず先週のオリコンウィークリーチャート1位を獲得したらしく、あ〜ちゃん号泣、ファンもらい泣きの様相を呈しておりますが噂によるとテクノユニットによるアルバムのオリコン初登場1位はYMO以来の快挙らしいですよ。うわ〜ん!
というわけで全曲解説という客観的レビューは他所に任せてうちでは主観ゴリゴリの全曲感想文を提出いたします(長いよ)
 
 
1:ポリリズム
いわずと知れたブレイクのきっかけ。ポリ以前から知ってたからもちろん聴きまくり。いい曲だし好きだけどミックス同じで新鮮味はないかな。ポリに限らず他のシングル曲は全てシングルとミックスは同じです。シングル買わずにアルバム待ちのライトユーザーへの心遣いかと思われ。リミックスアルバムでないかにゃー。
 
2:plastic smile
サビの「イェ〜」がエロい曲w オケはポップで耳なじみのいい明るい曲です。1stのコンピュータードライビングのイメージが近いと思います(特にAメロ)そこにサビのウィスパーが入ることでテイストが結構変わるので面白い。
 
3:GAME
アルバムタイトルにもなっている曲です。いきなりガリガリのシンセベースと重たいロック風味のドラムから始まります。かかか、かっこいいぃぃ!!バッキバキの曲です。ボコーダーを通したコーラスがいい味出してます。GAME収録曲の中の「3大アイドルらしからぬ曲」のうちの1曲。トゲトゲ担当。
 
4:Baby cruising Love
ドスンとヘヴィーな曲の後に身構えているところに肩透かしを食らったような力の抜けた曲。この曲のすごいところは音数の少なさ。とくにAメロなんてピアノとパーカッションだけなんよ。Bメロもそこにベースとちょっとシーケンスが入るくらいで、ドラムも大人しめ。それなのに中だるみしないのはアレンジの妙と言えるのだ。PVのなんかウネウネ出てくる電球がすごく欲しい。
 
5:チョコレイト・ディスコ
カエラ姐さんがぱふゅのファンになった曲。オレは衣装が微妙だなーって理由だけでシングルを買わずにすごく後悔してます。曲は言わずもがなでね、もりっと盛りあがります。再販しないならアルバムのDVDにPV入れて欲しかった。それかSEVENTH HEAVENのPV公募企画に便乗してDVD収録か?
 
6:マカロニ
まったりまったり。分からない事だらけでも安心できる恋愛をしてみたいもんです。乙女チックな気分に浸れるので好きです。でもスープはマカロニが溶ける前の方がおいしいと思います。PVは初の踊らないPV(スウィートドーナツは辛うじて踊ってた) のっちかわいいよのっち。
 
7:セラミックガール
ドラマ「スミレ16歳」の主題歌です。BS藤見れねえようわーん!まあDVD出ても買わないけどね。サブリナのDVDはもう予約したよ!(ぱふゅとは無関係) 閑話休題。曲はわりとぱふゅの王道的テクノポップですが歌の譜割りが細かい。大体8分のきざみがメインなんですけどこれは16分のきざみがメイン。スミレ16歳にかけてあるの?違うよね。ぱふゅ曰くこの曲の歌割りが細かすぎて大変なんだとか。確かに聴いてると結構入り組んでるよこれ(特にAメロ)
 
8:Take me Take me
このアルバムの中で一番クラブ向けの曲かも。もちろんクラブなんて怖くて行った事ないんですがイメージとして。オール英詞(けいいちでも分かる程度のレベルにしてくれてありがとうystk) 終わるかと見せかけてさらに盛り上げるあたりで思わず「おおー!」と感嘆の声が出てしまいました。GAME収録曲の中の「3大アイドルらしからぬ曲」のうちの1曲。四角担当。
 
9:シークレットシークレット
pinoのCM曲でpinoのサイトからPVが見れます(ようつべとかニコ動でも見れます) 曲調はBcLを元気にした感じです。でもメロディーラインからは切なさ臭が漂ってきます(臭とか言うな) PVはpinoとのコラボなのでpinoがわんさか出てきます。ニコ動でも話題の道夏大陸とpinoのCMをミックスさせたような感じでぱふゅがブレイクするまでを1曲のPVにまとめてます。2回目のさびがエレワの衣装でシティのフリってのが泣ける。燃料(pino)切れで動かなくなったksykに燃料(pino)をあげて手をとって階段を昇るシーンが泣ける。DVD出ないの?
 
10:Butterfly
DSのスパロボのタイアップが決まったそうです。オリエンタルな感じ。ベースで弾くと蝶楽しいです(シャレ) でもLowBとか出てくるので5弦ベースかダウンチューニングで4弦をLowEまで下げる必要があるけど。この曲が一番声を楽器に近づけた処理を施されてるような印象です。Take me、シクレ、Butterflyはアルバム中特に1曲の中の緩急のつけ方が秀逸。GAME収録曲の中の「3大アイドルらしからぬ曲」のうちの1曲。ペイズリー模様担当。
 
11:Twinkle Snow Powdery Snow
ぱふゅ唯一の配信限定シングル。ドラムのフィルインがかっこよくて好きなんですけどチョコレイト・ディスコとともに長らくCD音源を手に入れられなかったため仕方なくようつべの劣化音源を聴きまくってました(てかポリまでその方式でした。ごめんなさい。でもポリは買ったよ!通常版だけど) なのでいまだに脳内で流れるのは劣化版です(汗) PVはフォグってて、花柄の衣装とあいまって結構アイドルっぽいかな。
 
12:Puppy love
いきなり生音っぽいベースから始まります。バッキバキのテクノが続いた最後にすごくポップな曲で締めくくるって感じでしょうか。まあボーカルは結構強めの処理がかかってるし、ボコーダーのコーラスとか入ってたりするんでやっぱりテクノなんですけど。歌詞が秀逸。胸キュンですw ツンデレでくるとは思わなかったなあ。これもベースで弾くと楽しいです。
 
総評:採点不可能。
シングル曲は古い表現で言うとレコードの溝が擦り切れるほど聴いたので、同じアレンジが収録されていることに少々の不満を覚えましたが(でも1stもそうだったから予測可能ではあった)新曲7曲のクオリティの高さだけで100点以上の価値があります。初回特典DVDはマカロニはまだ見てないけど(映像違いとはいえマカロニ4回連続はさすがに・・・)それ以外の内容は充実しています。欲を言えばシクレやチョコレイト、TSPSのPVを収録して欲しかったですけどSEVENTH HEAVENのPVと合わせて何かしらの形で発表されればと期待しています。あと激レア特典の限定マキシ(DVD付き)がすごく気になる。応募したけどどうせ当たらないだろうなあ・・・。